投資初心者でもわかりやすいカスタム投資入門

最新投資情報
海外投資で成功者になる為にするべき事
スワップポイントも利用してみよう
バイナリーの将来性と過去との比較
バイナリーオプション(binaryoption)
バイナリーオプション業者の選び方
不動産投資〜国内編〜
投資顧問とは
FXの特徴
レバレッジの危険性
海外投資
人気のバイナリーオプション
カテゴリー
FX(外国為替)
投資
BO(バイナリーオプション)
海外バイナリーオプション業者
SonicOption
サイト管理者
サイト規約
サイト管理者

不動産投資〜国内編〜

不動産投資〜国内編〜

不動産投資〜国内編〜

国内の不動産投資をはじめる方へ

不動産投資は物件を対象に取引をする投資です。物件はようするに建物のことであり人が居住するためのものから仕事や社会を機能させるために建てるものでもあります。人は基本的に家がなければ生活をすることが困難なため国内だけでなく海外にもこの投資の対象となる物件は存在するのです。しかし基本的に不動産投資をすると考えるのであれば最初は国内、日本の物件を対象に取引をしようと考えるでしょう。

不動産投資は株式投資に比べるとリターンは少なくなりますがその分リスクも少なくなるミドルリスクミドルリターンな投資です。物件と一言でいっても様々な建物がありますが大抵の場合は投資するとなればマンションやアパートといった賃貸物件を対象に取引することになるでしょう。現に今の日本では様々なところに賃貸物件があるため取引対象だけであれば探すのには困りません。

不動産投資のメリット

この賃貸物件に投資をするというのは実質その賃貸物件を運営するようなものであり居住者を集めてそこで賃貸料をもらってそれを利益とするのが基本です。他の投資とは違いこの賃貸料は居住者が途切れることなく存在すれば一定以上は入ってくるため上手くいけば安定して収入を得ることができるのです。この安定して収入を、不労所得を得ることができるのがこの不動産投資においての最大のメリットであり将来的に安定して資産を持つことができるようになります。

もちろん安定して収入を得たいのであればどこの物件に投資をするかが重要となります。しかし国内において物件の情報というのはネットに留まらず様々なところに溢れているため情報探しには困りません。これも海外と比較して身近である国内のメリットといえるでしょう。

不動産投資のデメリット

一方でデメリットも幾つか存在しておりその1つが不動産投資が持っている特有のデメリット、投資対象が実物として存在しているということにあります。物件は他の投資とは違って存在しているものであり、存在しているということは何かの力が加われば破損、崩壊する可能性があるのです。日本は世界の中でも地震を始めとした災害に遭いやすい国となっているため、その災害によって物件が崩壊するリスクも高いのです。それ以外にも海外に比べると物件の将来性が不安定であり価値もそれほど期待できません。そのため投資をしたとしても思った以上の利益が得られないことが多いのです。もちろん情勢が不安定な国に比べれば日本は安定している国であるためそうした意味での価値は安心してよいのですが、投資をする目的とリスクのことも踏まえて国内を選ぶか海外を選ぶか判断をしましょう。